ある国家公務員が「ゆう活」を実践してみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月1日から霞ヶ関で「ゆう活」が開始されました。

民間企業でも朝方勤務を進めているところはたくさんありましたが、遂に国家公務員も朝方勤務をすることになったというわけです。

スポンサーリンク


「ゆう活」のコンセプトは政府広報のHPで紹介されています。

ゆう活 – はじめよう!夕方を楽しく活かす働き方:政府広報オンライン

引用しますと、下記のようなコンセプトです。

「ゆう活」という言葉から、皆さんは何を想像しますか。
「ゆう活」とは、日照時間が長い夏に、朝早い時間に仕事を始め、早めに仕事を終えることで、まだ明るい夕方の時間を有効に活用し、生活を豊かにしようという取組です。

ゆうやけ時に
悠々とした時間が生まれる
友人と会える。遊ぶ時間が増える
家族で過ごす優しい時間ができる
新しい人・モノ・ことと自分が結ばれる。

「ゆう活」の「ゆう」には、そんなさまざまな思いが込められているのです。

「ゆう」には色々な意味が込められているようですが、簡単に言うと、勤務時間を1~2時間前倒ししただけです。

普通の国家公務員は9時半~18時15分が定時になっています(昼休みは1時間なので8時間労働)。これを1~2時間前倒しして、7時半か8時半を始業時間、16時15分か17時15分を終業時間とする取り組みです。

ところで、前述の政府広報のHPでは週労働時間60時間以上の雇用者の割合が8.8%(平成25年度)となっています。1日8時間勤務×5日=40時間ですので、60時間の労働は20時間の残業にしかなりません。1週間は5日ですので、1日4時間の残業、つまり毎日22時半退庁ということです。

これが8.8%しかいないのは、霞ヶ関の感覚からすると、かなり少ないと思います。通常モードで22時半でも部署のほとんどの人が残っていたりします。

私も昔は基本は終電とか、酷いときになると1ヶ月くらい始発帰りが続くというようなときもありました。毎日始発帰りの場合、週100時間近く労働している計算になります。今思い出してもプライベートは全て捨てていた悲惨な日々でした…。

若干話が逸れましたが、「ゆう活」は実際にどのくらいの国家公務員がちゃんと実践しているのでしょうか。看板を掲げただけで実践が伴わないことはよくあります。

下記の記事によると、7月1日初日の「ゆう活」の定時退庁率は65%のようです。

国家公務員、朝型勤務で定時退庁65% 導入初日調査

安倍総理も率先して夕方に美術館に行きPRしたり、各省庁でも偉い人が各部署を回って定時退庁を促していたわりには意外に少ないですね。初日でこの数値なので、今後はもっと減っていくと思います。そもそも安倍総理が美術館に行くことで、秘書などが帯同して彼らは残業していることになります。

国会も異例の9月末まで延長という事態になっており、審議がまだ終わっていない重要法案もいくつかあります。法案審議が続いている部署は待機が続きます。

そんなこともあり、この「ゆう活」で定時退庁という幻想はそう長く続かないでしょう。

実際に私も定時退庁など既にできていませんが、数日間は「ゆう活」で定時退庁しましたので、実際どんな感じだったのか書いてみようと思います。

ある日の「ゆう活」実践録

7:00 起床(1時間前倒しされています。通常は8:00くらい。)

出勤準備、ニュースチェックやLINE・メール返信

8:00 自宅出発

通勤中もニュースチェックやLINE・メール返信。

8:30 登庁

勤務開始。メールチェックなど。メールの返信や急ぎの対応などを済ます。

9:00 この時間くらいから本来の自分の仕事を開始。

しかし、7月頭は人事異動時期で異動挨拶の人が頻繁に訪れる。その度に挨拶するので中々仕事がはかどらない…。

11:00 午前中が長いと感じ始める…(いつもであれば昼休み開始時間です)

12:00 やっと昼休み。私はコンビニ弁当持参なので基本デスクで食べます。15分くらいで食事を終え、朝終わらなかったニュースチェックをしたり、本を読ん    だり。

13:00 午後の仕事開始。午前中は異動挨拶対応で業務がほぼできなかったので、仕事を一気に片付ける。

16:00 いつの間にか、定時まであと約1時間。早いと感じ始める。

17:15 定時。「ゆう活」だから定時退庁しようという雰囲気で皆帰り始める。

17:30 退庁。ほぼ定時退庁できた!

帰宅中、こんなに早く帰って何をしようか悩む…。普段が遅いので、いざ早く帰ると何をしていいか分からないという可哀想な状況…。

18:00 買いたいものがあったのを思い出したので、買い物に行く。1時間くらい買い物をする。

19:00 帰宅。買い物を1時間もしたのにまだ19時ということに驚く…。

19:30 ジムに行く。

21:30 ジムから帰宅。夕食を食べながら、ニュースチェックやLINE・メール返信をする。

22:00 一通りやることをやったので、趣味に耽る。読書など。

23:30 就寝準備。風呂に入る。

24:00 就寝。1日の終了。

というわけで、定時退庁をすると1日で色々できることが再認識できました。

1週間くらい「ゆう活」をしたおかげ?で仕事がかなり溜まってしまい、既に定時退庁できていないのですが、業務をもっと効率的に進めてできるだけ早く帰るようにしたいと思います。残業し過ぎると上司の責任になりますし…。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください