官僚制度・政治制度

シン・ゴジラに見る日本の政治・行政の課題

シン・ゴジラを見てみました。

一般的には、セリフが多く見づらい映画だと思いますが、官僚からすると「あるある」と思うシーンも多く、かなり取材して作っているなと関心しました。

この映画を見て、すぐに思い出すのが東日本大震災です。
未曾有の事態に対して、国がどう対応したのか、類似点も多いです。
また、映画を見ると、日本の政治・行政の意思決定プロセスの課題も明らかになってきます。

続きを読む

国家公務員の天下りと転職について

文部科学省の組織的な再就職の斡旋が問題になりました。
今回は、国家公務員の再就職(転職)について分析してみます。

私見ですが、天下りの斡旋を不当に行うのは当然悪いことですが、それを防ぐための制度が、役人が普通の転職活動をすることをやりにくくしている一因にもなっているように思います。

問題視すべきは、定年に近くなった職員が利害関係をベースに関係企業に強引に再就職したり、それを斡旋する行為だと思います。

特に若手官僚が自らの意志で退路を断って、自ら主体的に転職活動をすることは本来的には何ら問題はないはずです。
しかしながら、場合によっては制度が結構広く解釈する余地があるので、若手で志がある官僚が転職しにくになっているのも事実だと思います。

続きを読む

安倍首相、戦後70年談話閣議決定。「閣議決定」とはそもそも何か?

www.nikkei.com

昨日、安倍首相が戦後70年談話を閣議決定しました。その内容には賛否両論あると思いますが、私は政治外交の専門ではないので、内容の評価は置いておいて、今日はそもそも「閣議決定」とは何かについて書いてみたいと思います。

続きを読む